最新記事一覧

免許の有無を確認しよう

散布機

徹底した対策に免許は必須

鳩の駆除業者を利用す前に気をつけたいのは、業者が免許を持っているかどうかの確認です。いくら鳩が生活において有害であったとしても、野生動物である以上無暗に傷つける事は出来ません。それは倫理的な問題だけでなく、法律としても明確に禁止されています。いわゆる鳥獣保護法という法律で、鳩に対して故意にダメージを与えるような行為をすると罰せられる可能性があります。具体的にいえば、匂いや音によって鳩を追い払ったり、ネットやロープで侵入を防止したりするのは問題ありません。仮にネットに鳩が絡まって傷ついてしまったとしても、故意ではないのであくまで事故という扱いです。しかし毒餌を食べさせたり、棒で叩いたりした場合には法律違反になります。また害獣駆除でよく見られる捕獲かごを使用したトラップも、一見鳩に優しい駆除方法に見えますが法律違反になります。これらの駆除方法を用いるには、狩猟免許の他、行政からの捕獲許可が必要です。普通の人は害獣駆除業者なら全員免許を持っている、と考えがちですが、そこに落とし穴があります。実は野生動物でもネズミに限って言えば鳥獣保護法の例外として、特別な資格が無くても駆除が出来る事になっています。そのためネズミ駆除を専門、或は主な業務としている害獣駆除業者だと狩猟免許や自治体からの許可を受けていない可能性も高いのです。それ自体は問題ではありませんし、業者が適切な鳩の侵入防止対策を行ってくれれば効果も出るでしょう。ただ免許が無いという事は駆除の選択肢が少なくなるという事であり、状況によっては対策が中途半端になる危険性もあります。徹底的に鳩の被害を無くしたいというのであれば、殺傷も選択肢に含めた駆除が求められるので、免許や自治体からの許可をしっかりと取得している業者を選ぶようにしましょう。